利尻島・礼文島の旅に行って来ました。

6月26日から2泊3日で利尻・礼文の旅に行って来ました。

小松空港から羽田を乗り継いで稚内空港に到着したのがお昼過ぎでした。
先ずはその足で日本最北の地、宗谷岬へ向かいました。

最北端 宗谷岬

この日は珍しく風もなく穏やかな風景でした。

そして稚内港からフェリーで礼文島の香深港へ向かいました。
そこで北のカナリアパークに行きました。
こちらは吉永小百合さん主演のロケ地となったところです。

北のカナリアパーク ロケ地

天気に恵まれここから利尻富士を綺麗に見ることができました。

利尻富士

そして今日の宿、プチホテルコリンシアンに到着です。
こちらのホテルは各部屋の造りが違うオーナーのこだわりが詰まった
個性的な宿でした。

談話室  ルームキー
ルームキーもそれぞれ違ったテディーベアについていました。

何と言っても楽しみは夕食です。

夕食-1 夕食-2
ウニ・たこ・イクラ・ボタンエビ・ホッケ・ニシン等々、地元の食材を
ふんだんに使った美味しい料理でした。

翌日、先ずは日本最北限の地スコトン岬に行きました。

スコトン岬 最北限トイレ
そして最北限のトイレにも入ってきました。

次は高山植物園で無菌培養のレブンアツモリソウを見てきました。
自生しているアツモリソウは今シーズンはもう終わっていました。

レブンアツモリソウ
この他に沢山の礼文島固有種の高山植物が咲いていました。

おおはなうど チシマギキョウ

うすゆきそう れぶんそう

などなど、どれもこれもけなげで愛らしい花ばかりでした。

植物に癒されたあとはウニ剝き体験です。
ウニ剝き ウニ
なんとか上手く剥くことができました。
私が剝いたウニは雄だったようです。濃厚で甘みがあってとても美味しかったです。

今度は礼文島の醍醐味であるハイキングです。
現地のガイドさんに連れられて往復1時間半位のコースでした。
こちらは途中からガスがかかり、雨も降りだしてカッパを着ていても
濡れてしまいました。

礼文島ハイキングコース

びしょ濡れになりながらいろんな可憐な花に出会うことができました。

ここから香深港に戻り昼食は待望のうに丼でした。
うに丼

たっぷりの濃厚なウニに感無量です!
さすが産地ですね。石川県ではなかなか食べるチャンスがありません。
ウニを堪能した後はまたフェリーで利尻島へと移動です!

利尻島では先ずは姫沼へ行ったのですが、最近106年ぶりにヒグマが
出没したので沼の周りを歩いて見ることができませんでした。

姫沼 姫沼-2

次は白い恋人の丘です。

白い恋人の丘 恋人の丘から

その後、赤いエゾ松の原生林に囲まれた美しい湖オタトマリ沼です。

オタトマリ沼 オタトマリ沼での利尻富士

利尻富士にはガスがかかっっていましたが、これもまた良しです。

この日最後は仙法志御崎公園です。
ここには稚内の水族館から出張中のアザラシに会うことができました。
アザラシ

この日の宿泊は利尻島のホテルでした。

翌朝、いよいよ最終日は利尻島から稚内に戻り早めの昼食です。

ここではいくらとシャケの親子丼とホッケのちゃんちゃん焼でした。
どちらもとても美味しかったです。ぺろりとたいらげました。

親子丼 ちゃんちゃん焼

またそこは稚内駅なので最北端の線路も見ることができました。

最北端線路

次はノシャップ岬です。
これまた最北端の灯台です。

最北端の灯台  ノシャップみさきで

そして遂に最後は北の櫻守パークです。
ここも吉永小百合さんの映画のオープンセットです。

北の桜守パーク オープンセット

以上、駆け足でご案内した2泊3日の旅でした。
お天気にもそこそこ恵まれ、自然が美しく、食べ物も最高でした。

さあ、またお仕事頑張ります!

 

 

 

街の花壇の植え替え

6月2日に街の花壇の植え替えをしました。
これまでのパンジー・ビオラに代わって日日草・サルビア・マリーゴールドなどです。

街の花壇

ついでといってはなんですが家にあった風船かずらとバジルの種を蒔きました。

2週間程経った今日、見てみるとだいぶ芽が出ていました。

風船かずら  バジル

これから日に日に大きくなるのが楽しみです!

最近、ネコが花壇の中に糞をしていくので困っています。
何かネコよけの方法はないでしょうか?
夜の間にしていくようなので困ったものです。

らっきょう・梅シロップ漬けました

北陸地方も遂に梅雨入りとなりました。

例年6月になるとスーパーにらっきょうや梅が並びます。
これを見るとついつい漬けたくなる私です。

らっきょうは一日に数粒食べると身体に良いと聞いているので
毎年漬けています。今年も2㎏つけました。

らっきょう漬け

塩漬けのらっきょうをらっきょう酢で漬けるだけなので至って簡単です。

梅は梅干しを漬けるのではありません。
梅干しづくりは何度か挑戦しましたが上手くできませんでした。
なので梅シロップを作っています。

梅シロップ

今年は青梅ではなく黄色くなった梅を使いました。
そのほうが後で実を取り出してジャムに加工しやすいかと思ったのですが
どうなることでしょう?

らっきょう・梅シロップ

どちらも2~3週間、途中で攪拌しながら様子を見て漬けあがりです。

ちなみに3日目の梅シロップの状態です。
氷砂糖が溶けてきて大分馴染んできました。

梅シロップ3日目

後は待つばかりです。
夏の暑い日に梅シロップを炭酸で割って飲むのが最高です!

さあ、次は赤紫蘇が出始めたら紫蘇ジュースを作る予定です。

北海道へ行って来ました。

5月27日から30日にかけて3泊4日の北海道旅行に行って来ました。

27日朝一番の飛行機で羽田へ行き乗り継ぎで千歳空港に到着。
とりあえず空港内のラーメン店で昼食です。

空港内ラーメン店 ラーメン

その後バスで小樽へ移動して運河から小樽街並みの自由散策です。

小樽運河 小樽街並み-1 小樽街並み-2

1日目は終了。札幌プリンスホテルに宿泊しました。

 

2日目は富良野ファームに向かいましたが有名なラベンダーはこれから植えるということで
一面の花畑は見ることができませんでした。しかし、広大な花畑は圧巻でした。
さすがは北海道です。

上富良野 広大な土地

お天気に恵まれ十勝の山々もハッキリと見ることができました。
また上富良野ではジャガイモとアスパラの食べ放題。
蒸かしたジャガイモが栗のようにホクホク甘くて美味しかったです。

ジャガイモ

午後は旭山動物園へ行きました。

ペンギン ホッキョクグ

ヒグマ  旭山動物園にて

いろんな動物と対面してきました。記念写真もパチリ。

次は層雲峡です。
銀河、流星の滝でマイナスイオンを注入です。

銀河の滝  流星の滝

大雪山を横目に見ながら北見温泉でお泊まりです。

 

3日目は網走の天都山展望台からオホーツク海を一望です。オホーツク一望

その後東藻琴芝桜公園へ。
こちらは満開の芝桜がとても綺麗でした。

芝桜公園  芝桜

次はいよいよ世界遺産の知床です。

先ずは小型船でクルーズです。岸壁の近くまで寄って見せてくれます。

クルーズ-1 クルーズ-2

いろんな奇岩を見るに付けて自然の偉大さを感じました。

1時間のクルーズを終えて次は知床五湖にむかいました。
こちらでは一湖を木道を歩いて観光です。

斜里岳 湿原

展望台から

青空と山と湿原のコントラストに感動しました。

次はオシンコシンの滝です。
側で水しぶきを浴びながら写真におさめてきました。

オシンコシンの滝 オシンコシンの滝にて

いよいよこの日最後は摩周湖です。
摩周湖と言えば霧に包まれていることが多いのですが、
この日は全く霧のない摩周湖でした。

摩周湖

3日目は阿寒湖畔温泉に泊まりました。
食後にはアイヌの古式舞踊を鑑賞しました。

阿寒湖  アイヌコタン

4日目はホテルを後にしてひたすら千歳空港へと向かい乗り継ぎで
帰路につきました。

 

今回の北海道は道東への旅でした。
改めて北海道の自然と雄大さに感動しました。
移動の車中からエゾシカやキタキツネを見ることもできました。
食べ物も美味しく、何よりも天候に恵まれ最高の旅でした。
出来れば今後、道北や道南といろいろ行ってみたいと思います。

 

 

 

今話題のハーバリウムに挑戦しました。

昨日、婦人会の集まりでハーバリウム作りに挑戦しました。

ハーバリウム-1

いろんな草花のドライフラワーやブリザーブドフラワー、
貝殻、イミテーションの真珠など自分の好きな材料を使って
先ずは構想を練り、まとまったところで長細いピンセットで
瓶の中に入れていきます。
ハーバリウム-2 ハーバリウム-3

因みに先生の作品はこちらです。

ハーバリウム-4
バランス良く草花が入っていてキレイです。

瓶に材料を入れ終えたら静かにオイルを注ぎ淹れ蓋をしたらリボンを
付けて完成です。
丸い瓶と四角い瓶の2種類作りました。
これが私の作品です。

ハーバリウム-私

参加者6人の作品を並べて品評会です。

6人のハーバリウム

みんなそれぞれの個性があって素敵です。
私のような美的センスのない者でも何とか様になりました。

ハーバリウムは1年以上は綺麗な色のままで楽しめるそうです。

お誕生日のプレゼントやお見舞いの生花の代わりなど
いろんなシーンに嬉しい贈りものになりますね。
どこにでも置くことができるのも良いと思います。

短い時間でしたが楽しい時を過ごすことができました。