上田城の帰りにイチゴ狩りしました。

昨日の続きです。

上田城を後にして、次は日本の真ん中にある神社である、生島足島神社に立ち寄りました。

生島足島神社   神社の中

ここは、本殿が土間にある、ちょっと変わった神社です。

下宮には、樹齢数百年の大きな欅が互いを支えあうように寄り添って立っていました。
そこには「夫婦欅」と書かれていました。

夫婦欅」

私達も老後はあんなふうに支えあって生きていかねばと、考えさせられました。

神社を後にして、いよいよお楽しみのイチゴ狩りに向かいました。

あんずの里アグリパークというところです。あんずは6月に収穫されますが、
それまでの期間はイチゴ狩りで「あきひめ」という品種を育成しています。
私達はひとつのハウスに案内され、水耕栽培のイチゴを一心不乱に食べ
まくりました。

イチゴ狩り-1  イチゴ狩り-2

真っ赤に熟した甘いイチゴを30~40個ほど食べたでしょうか。
お腹いっぱいになり、ハウスを出ました。

帰りの車中は満腹で、気持ちよく夢の中に引きこまれていきました。
高速道路の走行中に雨が降り出しましたが、日中はなんとか天気に恵まれ、
楽しい一日が過ごせました。

さて、今度はどこへ行きましょうか・・・

上田城へ行ってきました。

13日、定休日に長野県の上田城へ行って来ました。
団体の日帰りバス旅行ですから、朝は6時に家を出て4時間半位かかりました。

上田城に着くと、まず、今の大河ドラマ館に入りました。

大河ドラマ館 真田幸村

館内は撮影禁止でしたが、真田幸村の甲冑のところのみ、okでした。
ドラマの小道具がどのようにつくられているかや、登場人物のつながりや、
説明など、結構、興味深く、おもしろかったです。

そしていよいよ上田城へはいりました。

上田城

真田石
最初に、かの有名な真田石が目に飛び込んできました。

真田神社

櫓門を抜けるとすぐに真田神社があります。
私は今年、厄年なので、厄除け祈願をしてきました。
お守りもいただいてきました。これでちょっと安心かな?

サクラはもう、散ってしまったかと心配しましたが、まだ、それなりに咲いていました。

上田城-さくら  上田城-さくら

お堀の水面は桜の花びらでいっぱいでした。

上田城-退城

お城の中を一周して上田城をあとにしました。

久しぶりに温泉に行ってきました。

定休日に主人と二人で山代温泉へ行ってきました。

森のすみか   暖炉  部屋

山の斜面に建てられた旅館で庭も広く、もう少し暖かければ歩いて見てまわれたのに、
あいにく、この日は肌寒くて残念でした。
フロントには暖炉が焚かれ、庭の木々と調和して、いい雰囲気でした。
予約した別邸は離れにあり、とても静かでした。

まずはお風呂で、ゆったりとくつろぎ、いよいよ夕食です。

お品書き

少しずつ、いろんな料理が和洋折衷ででてきました。

料理-1 料理-2 料理-3

料理-4 料理-5

お腹いっぱいになり、部屋へ戻って一服してから、今度は別のお風呂にはいり、就寝しました。

翌朝も美味しい朝食をすませて、帰路につきました。

上げ膳据え膳で、主婦の私としては一日、楽をさせてもらいました。
次はどこへ連れて行っていただけるでしょうか? 楽しみです。

 

酒蔵見学と昼食会

今日は婦人会の研修会で加賀菊酒本舗である菊姫の酒蔵見学に行ってきました。菊姫-1

まずは、菊姫の酒造り一年に密着したDVDを見て、酒造りに対するこだわりを知りました。
菊姫は酒米の生産から社員が参加し、信頼関係を築くことによって自社の酒質に合った
お米をつくりあげています。
また、菊姫には酒マイスターという資格をもった社員が10数人いて、杜氏と共に、酒造りに
携わっているそうです。ほとんどの蔵元は全てを杜氏に任せている中で、珍しいそうです。

菊姫-3     樽の中

また、マイスターは皆、理系の人だそうで、全て、化学的な分析データを元に酒造りをして
いるそうです。私が今まで見学した酒蔵の中で一番、近代的な印象を受けました。
そのデータを元に毎年、同じ酒質のお酒がつくれるとのことでした。

菊姫の酒

最後に、ここでしか飲めない生のお酒を試飲させていただき、酒蔵を後にしました。

 

昼食は、菊姫から近い、和田屋というお店でいただきました。

和田屋入り口     和田屋-庭

歴史を感じる古い建物、広い庭。とても癒される空間です。
部屋に案内されると、床には立派な加賀の獅子頭が飾られてありました。

獅子頭

お料理は山菜がふんだんに使われ、春の香りと味を満喫することができました。

料理-1    料理-2

(菜の花、あさつき、稚鮎、鴨、ゴマ豆腐)
(ニジマスの洗い)

料理-3
(じゃがいもの真薯のなかにフキノトウ)

料理-4
(フキノトウとセリの天ぷら)

どれも皆、季節を感じる、美味しい料理でした。

お腹もいっぱいになり、とても楽しい研修会の日曜日でした。

 

なばなの里のイルミネーション

昨日お話した、おちょぼ稲荷から、三重県のながしまにあるなばなの里へ行きました。

まず、入場すると、思いがけなく海津桜が満開でした。さくら-1

まだ、日没前だったので、少しだけライトアップされて、とってもキレイでした。

さくら-2        さくら-3

まさか、ここで一足早いお花見ができるとは、ラッキーでした。
花見をしながら進んでいくとベコニアガーデンという建物があります。
ここは一年中ベコニアやランが咲いている施設です。
館内にはいると、目の前に鮮やかな色とりどりの花が目に飛び込んできました。
つい浮かれて主人とツーショット!

ツーショット       ベコニア

さすがに花には負けますが、記念ですから・・・・。
おサルの顔に見える変わったランも咲いていました。

ランランの名前

さて、いよいよ日も暮れてイルミネーションの点灯です。

光の回廊

まずは光の回廊を通ってメイン会場へと向かいます。
今年のてーまはアルプスの少女ハイジです。全てがLEDライトで作った大がかりな
作品です。

春 夏

秋 冬

春、夏、秋、冬とハイジの曲が流れる中、変化していきます。感激しました。
思わずオーッと声が出ました。本当に綺麗でした。
この日はあいにくの雨でしたが、人出も少なく、光が雨で路面に反射していっそう綺麗だったように
おもいます。

夜の桜  入り口

すっかり暗くなり、ライトアップされた夜の桜も満喫して帰路につきました。