今日は日本一暑い、猛暑です。

今日は石川県が全国で一番暑いようです。
朝から熱風が吹いています。
花壇の花もヨレヨレになっています。

花壇-2

花壇-3

気温を示す道路の電光掲示板は37℃になっていました。

そんな中、先日蒔いた風船かずらの種から芽がでてきました。

花壇-1

熱風にあおられながら、ふんばって耐えています。
大きくなると紙風船みたいな可愛い緑色の袋が鈴なりにつきます。
その中に、これまた可愛い種ができるのです。
その頃にまたブログで紹介しますね。

天気予報では今晩から大雨になるとのことです。
梅雨なので仕方がありませんが、あまりひどくならないことを祈ります。

7月1日は氷室の日でした。

加賀百万石である私達の地域では、7月1日は氷室の日と言って、
無病息災を祈ってお饅頭をたべます。

氷室饅頭-1

江戸時代に加賀藩は冬の雪を室に貯蔵しておき、旧暦の6月1日に
幕府に献上していたことから、この風習が残っているのです。
献上するにあたり、暑い夏を無病息災で乗り切る事を祈願して、お饅頭を食べること
になったようです。

一般的にこのお饅頭は酒饅頭で皮の色がしろ、ピンク、黄緑が多いのですが
私の近所のお饅頭屋さんは、こしあんの麦饅頭です。
そして饅頭に店名の焼き印がしてあります。
昨日は朝から買い求めるお客さんの行列ができていました。

氷室饅頭-2

自分の家の分はもちろんですが、親戚や娘さんの嫁ぎ先へ届ける分など
30個~40個も買っている人もいました。

氷室饅頭を食べて今年の夏も頑張ります。

 

父の日のプレゼント

19日の父の日には少し早いのですが、昨日、県外に住む息子夫婦から
お酒が送られてきました。

父の日プレゼント-1

息子は岐阜県にいるのですが、新潟のお酒を送ってきました。
ビンは日本手ぬぐいにきりりと結ばれ、お父さんありがとうのメッセージがありました。
この手ぬぐいは、新潟の染物工場と長岡造形大学のデザイン学科の共同開発により
誕生したとのことです。 最近はいろんな分野で、産業と学生のコラボが見られます。
若い人の感性を取り入れる事はとても良いことだと思います。

父の日プレゼント-2

それはともかく、主人は”こんな事しなくてもいいのに”と言いながら、嬉しそうにして
いました。今晩あたり、美味しくいただくことでしょう。

フラワーアレンジメント

9日木曜日の夜、町内会の婦人会によるフラワーアレンジメントの講習会がありました。
捻挫で出席できなかった私に花材を届けてくれました。
見本の写真を見ながら何とか挑戦してみました。フラワーアレンジメント-家

家に飾ってもあまり見てもらえないので店へ持って来て少し手直ししました。

フラワーアレンジメント-店

お店に花があると華やかでいいですよね。
ついでに庭からドクダミとナデシコを摘んで生けました。
また、一重の赤いバラも咲いていたのでウインドウに飾ってみました。

ドクダミとナデシコ    バラ

お花のある暮らしっていいですね。

捻挫の経過

捻挫してからようやく5日経ちました。
1日目の夜は痛くて眠れませんでした。足は内出血してポンポンに腫れました。
毎日、接骨院に通い、テーピングをしてもらっていたのですが、いよいよかぶれ出したのか
痒くてたまらなくなってきたのでサポーターに変わりました。

サポーター

先生のおっしゃるには、この状態で3週間は治療が必要とのことです。
そしてこのサポーターが外せたら次はもう少し薄いサポーターに変えるというのです。
ということは完治するには一ヶ月以上かかるということになります。
最初の全治2週間はどういうことなのでしょうという感じですが仕方がありません。

もう一つおまけに手の古傷まで痛み始めました。
これは仕事のやりすぎによる腱鞘炎のようなものらしいです。

腱鞘炎

右手と左足、なんだか交通事故で怪我したみたいで恥ずかしいです。
60歳になって身体を労わりなさいということなのでしょうか・・・。

まあ、落ち込んでもしょうがない。全快に向かって頑張ります!