小さい秋見ーつけた!

我が家の庭に毎年1本だけ咲く彼岸花が今年もちゃんとお彼岸に咲きました。

彼岸花-1   彼岸花-2

よく見ていると、チラホラと赤とんぼが飛んでいます。
小さい秋の光景を見つけてちょっと癒された気分です。

シュウメイギク

秋の花の一つであるシュウメイギクも今を盛りと咲いています。
少しずつ、秋が深まって来ますね。

日帰りバス旅行で京都へ行って来ました。

21日定休日に京都へ日帰りで行って来ました。
今回は大徳寺聚光院、聖護院門跡、相国寺承天閣美術館の3か所の特別公開の
障壁画や書院、襖絵そして伊藤若冲展を鑑賞して来ました。

パンフレット

まず最初に山伏の総本山である聖護院門跡へ行き、今まで公開したことがない、狩野派の
障壁画や重要文化財の書院を見ることができました。

聖護院門跡-書院

また、本堂の前の白砂の庭は時代劇の映画の撮影に使われた事があるそうで、なるほど
どこかで見たような景色でした。

白砂の庭-1   白砂の庭-2

次は大徳寺の聚光院です。こちらは千利休の菩提寺です。
方丈庭園と言われる庭といい、茶室といい静寂なわび、さびの世界に引き込まれる思いが
しました。

また、本堂の襖絵は狩野永徳、松栄の直筆の障壁画で、国宝に指定されており、なかなか
見ることができない作品でした。46枚全てが本物で、息を止めて見るような雰囲気でした。

また、2013年に建て替えられた書院には、現代の画家である、千住博の障壁画が奉納
されていました。
「滝」という題の絵ですが何とも言えないコバルトブルーの下地に水を表した真っ白な滝が
流れているのです。それはそれは圧巻でした。

最後は相国寺の承天閣美術館です。

承天閣美術館  伊藤若冲展

最近よく話題になっている伊藤若冲の生誕300年記念として、30幅の展示があります。
250年も前にこんなにも細部にわたって観察、表現して、なおかつ何とも言えない、
鮮やかな色使いに息を飲むばかりでした。ほとんどが複製ですが、とても見応えが
ありました。

今回は全て非公開や国宝、重要文化財だったので撮影禁止だったのが残念でしたが、
その代わりに自分の目でじっくりと鑑賞する事ができました。

改めて日本の文化の素晴らしさに感動しました。

ぶどうジャム作りました。

昨日、友人からブドウをいただきました。
友人の家の庭にあるブドウの木に、今年は沢山の実がついたそうで、
台風の風が吹く前に収穫したとのことです。

ブドウ

房からはずすと、ボールいっぱいの量になったので、ジャムにしてみようと
挑戦してみました。

先ずは皮をむいて種を取り除き、鍋に入れて火にかけ、砂糖、レモン汁、白ワインを
適当に加えて水分がなくなるまでかき混ぜながら煮詰めていきました。

ジャム作り

ブドウの形もなくなりつつ完成したのが次の写真です。

ぶどうジャム

生のブドウの一割位の量になりましたが、少し酸味もあって美味しくできたと思います。

今朝はさっそくヨーグルトに混ぜて食べました。
ちょうどいい甘さになって美味しかったです。明日はパンに塗ってみようかな?

いよいよ3日目、最終日です。

2泊目は広島で過ごして、あくる日は出発するまで霧雨のような雨が降っていました。
とうとう雨かと思いながら岡山県の後楽園へと向かいました。
途中からどんどん青空が広がり、良いお天気になりました。

後楽園ではボランティアガイドさんが園内を案内してくださいました。

後楽園芝生   後楽園-岡山城

後楽園は野生の芝生に覆われています。
昔は公園内に田畑があり、お米、蓮を育てていたそうです。
茶畑もあったそうです。
今もその名残がありました。
遠くに見えるのは岡山城です。

公園というと私達の地元の兼六園とつい比べてしまいます。
兼六園とは違った優しい美しさの後楽園でした。

岡山をあとにしていよいよ最後の目的地、姫路城へと向かいました。

白鷺城と呼ばれるほど白く輝く天守閣は圧巻でした。
幸い、待ち時間もなく天守閣まで上ることができました。

天守閣   下から見上げる

6階まで細い階段を上がるのはかなりきつかったですが、頑張った甲斐がありました。
たいへん暑かったのですが、天守閣では心地良い風が吹き込んでいました。

姫路城-1   姫路城-2

白鷺城と呼ばれる姫路城はやはり、青空に映えますね。

今回の旅行は台風の心配をしながらも良い天気に恵まれ幸運でした。
厳島神社、原爆ドーム、姫路城と3か所の世界遺産を見学する事ができて
本当に充実した旅でした。

さあ、今度は何処へでかけましょうか?

山陰、山陽の旅2日目です。

1泊目は皆生温泉でした。
早朝からかなりの距離を移動したので、塩分の強い温泉に入って今日一日の
疲れを癒すことができました。

さて2日目は神話の里、出雲大社へと向かいました。

大しめ縄-1  大しめ縄-2

テレビで見た大しめ縄、本当に大きくて立派でした。

本殿でしっかりとお参りしてお守りも頂いて来ました。
こちらのお参りの仕方は二礼四拍一礼です。普通の神社は二拍なので
そこが若干違っていました。

本殿

国旗

出雲大社では朝晩、国旗を上げ下ろしするのですが、この国旗の大きさが
畳75枚分ということで、今は電動になっているそうです。

続いては島根から一気に広島県へ大移動です。
安芸の宮島にある世界遺産の厳島神社まで宮島口からフェリーで行きました。

宮島口 フェリー

5分ほどで到着です。

厳島神社-鳥居鳥居

滿汐と干潮の中間くらいでした。厳島神社
神社をバックに珍しく2ショットです。
神社にたどり着くまでに沢山のお店があって予想以上に楽しむことができました。
また、野生の鹿がたくさんいて、観光客と上手く共存しているようでした。

そんな楽しい安芸の宮島をあとにして、次はまたしても世界遺産である
広島の原爆ドームへと向かいました。
ここは私が生きているうちに是非一度訪れたい場所の一つでした。

原爆ドーム

平和の鐘  折鶴の塔
 平和の鐘            折鶴の塔

どこを見ても自然に手を合わせたくなるような光景です。
戦争を体験していない私達が決して忘れてはならない光景だと思いました。

式典の広場

テレビでよく見る記念式典が行われる場所です。この記念碑の真正面奥に
原爆ドームが見えます。
今回は資料館へは行けなかったのが残念でしたが、じぶんの目でドームを
見ただけでもよかったと思っています。

いよいよ3日目は岡山県の後楽園と今回最後の世界遺産、姫路城です。
これは、また後日、報告しますね。