カーネーションの贈り物

昨日、県外に住む息子夫婦からカーネーションが送られてきました。

カーネーション-1

気を使わなくてもいいのにと思いつつ、花を贈られるのは嬉しいものですね。

春になって庭にもいろんな花が次々と咲き始めています。
バラもその一つですが、私の大好きな一重のバラも一斉に咲きだしました。

一重のバラ

お友達に貰ったシャクナゲも店で満開です。

シャクナゲ

花は皆元気なのですが私は今ひとつ体調がスッキリせず、今度は咳止めの
薬をもらってきました。
しかし、昨日の夜にはまた、高熱がでてわけがわかりません。
しかし食欲は衰えないので大丈夫でしょう。

それにしても何となく気の重い今日この頃です。

久しぶりの風邪です。

3日から久しぶりに風邪らしき症状になり、とうとう今朝は病院へ行って来ました。

ゴールデンウイークで病院もお休みだったからでしょうか、私みたいな患者で
いっぱいでした。

のどの痛み、鼻水、せき、たんなどあらゆる症状を説明して、沢山の薬を
貰って来ました。

風邪薬

これで今晩からゆっくりと眠れることでしょう。

最悪のゴールデンウイークでした。

爽やかな日です。

今日は少し風がざわついていますが、爽やかな春らしい日になりました。

庭ではツツジが咲き始めています。
庭のツツジ

そして今日は八十八夜ということなので庭のお茶の木を見てみると
青々とした新芽がでていました。

お茶の木 お茶の新芽

春ですね~。

神戸・淡路島の旅

17・18日の一泊二日で神戸と淡路島へ行って来ました。

神戸では異人館街を見て歩き、お馴染みの風見鶏の家もみてきました。

風見鶏の家

お天気も良く気持ち良かったのですが、何しろ坂道ばかりなので暑くなりました。
高級感溢れる家やハイカラなお店が沢山ありました。外国人も多いですね。

昼は神戸牛のランチです。

ステーキ-1ステーキ-2ステーキ-3

目の前で焼いてくれて、150グラムぺろりとたいらげました。

そこからバスで明石大橋を渡り、淡路島へ向かいました。
小高い丘にある、淡路花さじきという所で菜の花やパンジーのお花畑で一服した後
伊弉諾神宮に参拝しました。

菜の花畑 淡路花さじき

伊弉諾神宮参拝

ここは夫婦円満、良縁成就の神様だそうで、私もこれからも主人と仲良く
老後が過ごせますように、また、息子たちに良縁がありますようにと
お願いしてきました。

夕食は淡路の3年トラフグの刺身と鍋をいただきました。

翌日は鳴門の渦潮見学です。
観潮船に乗って鳴門大橋の下まで行くと渦潮ができては消える繰り返しです。
春のお彼岸の頃の満潮時が一番渦を巻くらしく、私達の時間帯が丁度良かった
らしいです。

渦潮-1 渦潮-2

鳴門公園で昼食の後は大塚国際美術館へ行きました。

こちらは大塚製薬の社長が自費で建てた美術館で、全てレプリカではありますが
古代から現代までの著名な絵が1000点余り原寸大で展示されています。
これらは全て陶板画で2000年以上そのままの色と姿が残るのだそうです。
絵を手で触ることも出来ます。

とてもレプリカとは思えないくらい良く出来ていて本当に近くで見られるので
とても感動しました。

大塚国際美術館

システィーナ礼拝堂 エル・グレコの部屋
システィーナ礼拝堂        エル・グレコの部屋

ゴッホ-幻のヒマワリ レオナルドダヴィンチ-モナ・リザ
ゴッホ-幻のヒマワリ      レオナルドダヴィンチ-モナ・リザ

フェルメール-真珠の耳飾りの少女  ピカソ-ゲルニカ
フェルメール-真珠の耳飾りの少女  ピカソ-ゲルニカ

どれもこれも有名な絵でいっぱいです。
3時間ほど滞在しましたが全てを見ることはできませんでした。

夕方、淡路島を出て渋滞に巻き込まれることもなく、新大阪からサンダーバードで
帰路につきました。

まだまだ寒いですが・・・

ここ数日、寒い日が続いていますが春は着実に近づいてきています。

以前、ブログに載せたフキノトウがいつの間にか咲いていました。

フキノトウ-1  ふきのとう-2

やはり春なのですね。
すぐ傍にリュウキンカも咲き始めていました。

リュウキンカ

何だか元気をもらいました。