寒波の後の晴天

先週の大寒波襲来による大雪で週末は除雪作業に追われました。
十数年ぶりの大雪と除雪で身も心もクタクタになりました。

でも昨日から日中に抜けるような青空もでて太陽の恵みをひしひしと感じます。

青空-1    あおぞら-2

大きな通りは雪がありませんがちょっと路地に入ると道路の雪が甘けて
ガタガタになり、これまたたいへんです。

雪の塊
道路の両脇にはまだまだ山のように雪があります。
白い雪が太陽の光に反射して眩しくて目を開けていられないくらいです。
年齢とドライアイのせいでしょうか・・・?

そこで昨日から外に出るときはサングラスをかけることにしました。

サングラス 😎

ちょっと怖いオバサンにしか見えませんがとにかく目が楽です。

今朝はマイナス4℃という気温だったので道路が凍結して通勤の車はノロノロ運転。
おかげで物凄い交通渋滞でした。

というわけでまだまだ雪との闘いは続きそうです。

足元と頭上に注意して行動しなくては・・・

久しぶりの大雪です。

昨夜からの断続的に雪が降り今朝は50㎝以上の積雪でした。

大雪  氷柱

冷え込みが厳しく氷柱もできていました。

店の横の駐車場も雪で手の付けようがありません。

駐車場の雪

先ずは歩道の確保のための除雪です。
ご近所さんもみんなで協力しての作業です。
やはり北陸の冬ならの光景ですね。

歩道除雪   除雪

近年の暖冬で油断していました。

明日からセンター試験だということです。
受験生の皆さん気をつけて頑張ってください!

除雪の後の体の痛みが心配です。

2018年 明けましておめでとうございます。

遅ればせながら明けましておめでとうございます。

年末はバタバタしていましたが、ブログにあげるようなできごともなく
新年をむかえました。
昨年の春に義父が亡くなったこともあり今年のお正月は静かに迎えることと
なりました。

そうこうしているうちにもう、7日になってしまいました。

そこで今朝は七草粥を作って食べました。

七草

七草とはセリ、ナズナ、オギョウ、ハコベラ、ホトケノザ、スズナ、スズシロで
春の七草です。ちなみにスズナはカブでスズシロはダイコンのことです。

私はいつもお餅も刻んで混ぜて七草粥をつくります。

七草粥

暴飲暴食した胃袋に優しいお粥がしみわたります。

今年も元気に過ごせますようにと無病息災を願いながら主人と二人で
ぺろりとたいらげました。

この冬の初積雪です

遂に今年の冬の寒波襲来です。
夜中に目が覚めた時はうっすらとしかなかった雪が朝、目覚めると屋根に
10㎝位積もっていました。

店へ行くと松の木に雪が積もり重そうです。

松の雪   庭の雪

今回の雪は水分を多く含んだ雪なので雪除けもたいへんです。

店の前    降りしきる雪

降りしきる雪の中で汗だくになりました。

今年の冬はここ数年で一番早い積雪かな?

何だか先が思いやられます。でも北陸の冬ですから当然ですね。

ミステリーツアーに参加しました。

先週の水曜日、日帰りのバス旅行ミステリーツアーに参加しました。
ミステリーというだけあって、行先は不明です。
でも、富山方面へ向かって行ったので、たぶん信州あたりかなと
想像していました。

まず最初は上越市の岩の原ワインの工場でした。
250年という歴史あるワインの貯蔵の石蔵を見学させていただきました。
そして売店で試飲を楽しみ、ちょこっと買ってきました。

ワイン

次は長野県中野市のフルーツランドで昼食をとり、リンゴをゲット!

リンゴ
どれも甘くて美味しかったのですが今が旬のシナノスイートを購入!

そこから今度は信州の小京都と言われる飯山市へと向かいました。

あまり敢えて行くところではありませんが、今の時期、紅葉が最高でした。

飯山はお寺と仏壇のまちです。
街のガイドさんに案内していただきました。

飯山紅葉 飯山紅葉

とにかく紅葉が素晴らしいです。

苔庭 砂模様

緑の苔とのコントラストがとても綺麗でした。
石庭のような眺めも楽しめました。

もみじ
人形作家の高橋まゆみ記念館前のモミジも真っ赤でした。
こちらのお人形も次の機会には是非見たいと思います。

この時期の京都はとても混雑していると思いますが、飯山でゆっくりと
京都の雰囲気を堪能する事ができました。
来るときのバスの車窓からの山々の紅葉も素晴らしいものでした。

とにかく天気にも恵まれた最高の一日でした。