待ちに待った日本海の冬の味覚 カニ漁の解禁

11月7日、北陸の人が大好きなカニが解禁となり、翌日から、スーパーの鮮魚売り場は
カニであふれています。私の家では、ラッキーなことに、親戚から沢山、頂戴しました・
しかも、茹でてくださったので、すぐに、食べられます。茹でるのも結構、大変な作業
なんですよ。
茹でたカニ

カニにも雄雌がありますが、雄はズワイガニといって、大きくて値段も高いです。
雌は香箱(こうばこ)ガニといって、小ぶりですが、お腹や背中に卵を沢山、持っています。
今回は、この雌の方をいただきました。

さあ、まずは包丁を研いでから料理開始です。これが結構、手間がかかりますが、美味しい
カニを食べるためには仕方ありません。こうして、お皿に盛りつけたのが次の写真です。
盛り付けたカニ  カニの卵

どうですか?この宝石のように輝くカニの卵たち。石川県の人たちは、この細かい身の方も、
お箸で、こそげ出して卵と一緒に三杯酢で食べるのです。この美味しさは、食べてみないと、
わかりませんよね。

今年は、北陸新幹線の開通もあって、大勢の観光客が、石川県へ訪れていらっしゃいます。
今の季節なら、是非、カニを味わって行ってくださいね。

ちなみに、カニ好きな私と主人は、一人で3バイずつたべました。なんと贅沢なことでしょう!
親戚の人に感謝です。