最高のフレンチいただきました!

珠洲市で開催の国際芸術祭を鑑賞して感動した後、輪島に移動して
ラトリエ・ドゥ・ノトというフレンチのお店のディナーをいただきました。

ここは町家を改装して作ったお店です。
シェフは地元の出身で大阪で修行をした後、フランスの有名なロブションという
店で腕を磨いた人です。

店内   テーブルセッティング

テーブルセッティングにも輪島塗を使用していました。

前菜
前菜3種

パンのバターと塩 パンに塗る無塩バターと能登の塩

前菜-2 鯖の酢漬けに毛ガニのみそのソース
濃厚なカニのソースに負けない鯖の存在ですが、どちらも邪魔はしていません。

スープ ポタージュスープ

濃厚なコーンポタージュの中には生の甘エビ、梨、オクラ、クルトンが隠れていて
それぞれの味がしっかりと主張しつつ融合した完璧なスープでした。

パン 焼きたてのパン

これに先ほど紹介した無塩バターと能登の塩をつけて食べると丁度良い塩加減に
甘さが増して美味しくいただきました。

茄子とフグ春菊ソース 茄子とフグ春菊ソース添え

土台は茄子のソテーでその上にフグのソテー、春菊のソースが敷かれてうえには糸瓜が
飾られています。フグは輪島が日本一の水揚げ量とのことです。
春菊の香りがとても料理を引き立てていました。

ヒラメのムニエル ヒラメのグリルリゾット添え
肉厚のヒラメが皮はパリッとグリルされ、リゾットはもっちりとして
とても美味しかったです。

カボスのグラニテ カボスのグラニテ
ここで口直しにカボスのシャーベットが出されました。
カボスの爽やかな香りとスッキリとした口当たりが口の中を一度、リセットして
くれたかんじです。グッドタイミングですね。

メインメニュー 能登牛ワイン煮込みパイ皮包み能登野菜添え

いよいよメインメニューです。
メインは能登牛、小鴨、能登豚の中から選ぶことが出来ます。
どれも美味しそうですがせっかく能登まで来たので能登牛にしました。
パイ皮の中の肉はホロホロと口の中でほどけていきました。

デザートプレート デザートプレート

遂にデザートまできました。

どのような料理も地元の素材をふんだんに生かしていてシェフのふるさと愛が
とても良く感じられました。
料理が運ばれてくるタイミングも絶妙で大変気持ちが良かったです。

とても贅沢な時間を過ごすことができました。
店の雰囲気、料理、おもてなし、全て最高でした。
シェフに感謝です!

機会があればまた、違う季節に訪れてみたいと思います。

本当に久しぶりに感動した食事でした。