お知らせ

寒い冬の時期に使う抹茶碗です。

茶道の道具は四季折々に使い分けをします。
今、この大寒の時期、主に2月に使うお茶碗として、「筒茶碗」があります。
普通のお茶碗より深さがあり、口径も少し小さめです。
次の写真の左が筒茶碗、右が普通のお茶碗です。
筒と普通
深いと、お茶が冷めにくく、手でこっとりと包んで飲むことができます。
また、筒茶碗には「半筒茶碗」というのもあります。
半筒茶碗」
右側がそうですが、黒い茶碗よりも少し浅めです。
どちらも深くて口が小さめなので、茶筅でお茶を点てにくいですが、
慣れれば大丈夫です。
筒茶碗」

大寒に入り、本格的な冬の到来ですが、たまには、ゆったりと熱い抹茶を
飲むのもいいものですよ。

大寒を乗り越えれば、すぐに立春になります。もうしばらくの我慢ですね。

お知らせ